スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンボール戦機ウォーズ 第36話「最終決戦」感想

ダンボール戦機ウォーズ 第36話「最終決戦」
今回はアラタたちが美都先生を救うために出撃する話でした。
キョウジ「セレディーーーーッ!!!」

ゲンドウと話をするセレディ・クライスラーは、綾部と一緒に戦場を渡り歩いたという。それを聞いて「バカな、ありえん!」と驚くゲンドウ。それもそのはず、セレディと綾部の歳はかなり離れている。
しかしセレディは、「そんなことはどうでもいい」と話す。「重要なのはキミたち世界中の人々が、戦争の真実を知ることだ」と言って。

綾部自身も、多くの戦場で戦いの醜さ・卑しさを身をもって体験したと言う。それはまさしく地獄と呼ぶべきもの…。
その日々によってセレディが教わったもの、それは『支配者というものがいる限り、戦争はなくならない』ということ。
彼らは人々を分断して、争いを作り出す。支配するためには、それが最も都合がよい方法だからだ…。そのことを人々に気づかせたかったというセレディ。
だから、支配された世界の象徴であるセカンドワールドの実態を知らしめる…生徒の命を使って。

セレディのその言葉に、「ふざけるな!」と反抗するゲンドウ。しかし、セレディは目をつむると、生徒たちに通信。ただ今よりブリーフィングを始めるという。
「現在、セカンドワールドのジオラマ内に人が入り込んでいる。今回のミッションは、この侵入者を排除することだ。これは世界連合軍・ワールドセイバー軍、双方への命令である」
そして、侵入者の映像が送られる。
美都先生の姿が!
アラタ「美都先生!?」
そこには、博士を助けようとロストエリアへ向かう美都玲奈の姿が!戦況観覧室にいるジョセフィーヌと猿田も、「何たるムチャを!」と驚く。

世界連合軍司令官のハルキは、仲間に連絡をする。
「みんな、聞いてくれ!セレディの命令など聞く必要はない。俺たちは美都先生を守るために出撃する!討つべきはワールドセイバーだ!」
意気投合する世界連合。彼らはセレディの指示を無視して戦うつもりです!

一方、話し合いをするセレディ&綾部、ゲンドウは。
「どんな理屈があろうと、お前は間違っている!」と言うゲンドウ。対するセレディは人の命を何とも思っておらず、「このゲームをやめるつもりはない」と言い放つ。
そもそも生徒たちに選択肢はない…。ポッドに乗って出撃しろ、とゲンドウに言い残し、セレディはその場を去る…。

綾部 「お待ちください、クライスラー閣下

セレディが去ろうとしているにも関わらず、その場から動かない綾部。彼は「こんなことはやめるべきです」と言い出す。振り返って「何だと?」と言うセレディ。
綾部は話し続ける。
「戦争のない世界を作る…閣下のおっしゃった言葉を信じて今日までついてまいりました。しかし、私たちが目指したものはこのようなやり方で実現できるのでしょうか?」

ゲンドウとセレディの話し合いを聞く中、綾部の心の中に疑問が生じたのか…と思いきや、なんとコントロールポッドにガスを仕込む命令を受けたときにわからなくなったと言う綾部。若者たちの命を犠牲にすることは正しいのか、と。もしや私たちは間違っていたのでないか、と。
セレディを説得する綾部
「未来への希望は、若者たちにこそ託すべきです」ここでジェノックをはじめ、多くの若者に接してそう確信した綾部。彼らは戦争と人間、そしてこの世界のあり方を紳士に考えている。
「私たちの願いは、若者たちに受け継がれているのです。ここを去りましょう、閣下!」

と、その時。
銃を取り出すセレディ
(銃声)
バキュン

ゲンドウ「綾部!!」
撃たれた綾部を抱えるゲンドウ
綾部がセレディに撃たれた。「お前だけは私を信じてくれていると思っていたのだがな」と呟くセレディ。それに対し、「申し訳…ございません…」と謝罪する綾部。
まさか…。ただ説得しているだけなのに撃つなんて!…まぁ、綾部さんもコロコロ立場が変わり過ぎな気はしましたが…。

そして綾部は、自分を呼びかけてくれているゲンドウに最期の言葉を話す。
「若旦那様。世界を…未来を…頼み…ま…す…」
バタッ
綾部、死す
ゲンドウの腕の中で、この世を去る綾部。綾部の名を呼び続けるゲンドウでしたが、返事はありません。
セレディはそのままセカンドワールドの飛行ユニットに乗り、その場を去る。「待て、セレディ!」と言うゲンドウですが、その言葉は届かない…。
涙を流すゲンドウ。綾部が死んだ悲しみは大きい…。

その頃、総理官邸では。
総理官邸にいる二人
外で「ノー・モア・ウォー!」という民の訴えが起きる中、財前は八神に総理の様態を尋ねる。思ったよりも重く、緊急オペが必要なんだとか。
それと議会より要請が来ているようで、神威島事件対策本部のまとめ役を財前氏にお願いしたいとのこと。財前はそれを聞くと、「わかった、行こう」と動き出す。

一方、セカンドワールドでは。
構えるワールドセイバー軍
ロストエリアの手前で構えるのは、カイト率いるワールドセイバー軍。美都玲奈の姿が上空に見えてくると、カイトは全機攻撃用意を指示する!
…が、しかし。そのワールドセイバー軍の付近で突如爆発が。次々と破壊されていくキャリパーとゴルドーたち。
彼らの前に立ちはだかるLBX…それは!

グルゼオン参上
武器腕となったグルゼオン
グルゼオン!
その姿に、思わず後ずさりするワールドセイバー軍。腕の形状が変わり、鎌の刃が腕となっています。
伊丹キョウジは、「これ以上切り刻まれたくなかったら、セレディを呼べ!」と言う。そして彼はグルゼオンを操り、カイトに襲い掛かる!

「セレディはもうキミなど相手にしない!」と言うカイトでしたが、キョウジは狂気の笑みを浮かべて攻撃を続ける。
ワールドセイバー軍も銃撃を開始するが、キョウジのオーバーロードによる回避を捉えることができない!

その様子は、相変わらず世界中に配信されていました。激しい戦いが行われていることよりも、中に人がいることに騒然となる人々。
その人物とは、もちろん美都先生。地上で戦闘が行われているのを目にした彼女は、迂回してロストエリアに進入する!

世界連合のクラフトキャリアがロストエリア付近に到着。アラタは伊丹キョウジがいることに驚いている様子。セレディに機体を壊されて以降、逃亡を続けていたアイツがセカンドワールドにいる…!
ハルキは、司令官として指示を出す!
「これよりワールドセイバーを攻撃し、美都先生を保護する!全機、降下開始!」
その指示に従い、クラフトキャリアから一斉にLBXが放たれます。

アラタのドットブラスライザーは、すぐさまドットフェニックスと合体。ドットブラスライザー・ジーエクストとしてワールドセイバー軍攻撃にあたる!

と、その頃。戦況観覧室でその様子を見ていたこの二人は。
ジョセフィーヌと猿田
猿田「見てるだけでいいんですか?子供たちはやるべきことをやっている…わしらも動くべきでは?」
…ごもっともです。こんなだから、大人は使えないって視聴者から言われるんだよ!

しかし、彼らはただ動いていないわけではありませんでした。武器を持ったワールドセイバー兵の監視により、動きたくても動けないのです。
でも猿田教官は「この学校を取り戻すんです!」とジョセフィーヌに呼びかける。悩むジョセフィーヌでしたが、しばらくして「わかったわ…」と返事。遂に動き出すんですね、学園長!
学園長は首元のボタンを回し、神威島に潜伏しているメタ沢たちを起動。森や海の中、天井裏などに潜んでいたメタ沢たちが、一斉に起動した!

「メタちゃん、残ってる全員でワールドセイバーの兵隊さんたちをボッコボコにしてちょうだい!」
そう指示するジョセフィーヌ。残っているメタ沢たちは受けた指示どおりに動き、外にいるワールドセイバー兵をボコボコに叩きのめす!
メタ沢の活躍だモ!
すごいぞメタ沢!
…ってあれ?結局ジョセフィーヌたち自身は動いてないんじゃ…w

ロストエリアでは、大人たちよりも頑張りまくっている生徒たちがワールドセイバーと激闘。
ハナコが相手の攻撃で吹き飛ばされるも、ユノが助太刀に入る。戦わなくちゃ未来はない…世界にも私たちにも!
もう誰も死なせたくないから戦うというユノ。そんな彼女に感化されたハナコは、再び立ち上がる!
ジェノックの第二小隊・セイリュウとタイガも必死に撃ちまくる中、そこに駆け付ける一機。
駆け付けたゲンドウ!
ゲンドウさん!
小隊長が来てくれたことに、セイリュウとタイガは嬉しそう。

一気に仕掛ける世界連合。トライヴァインの必殺ファンクション『トライキャノン』、バル・ダイバーの必殺ファンクション『ストームソード』、マグナオルタスの必殺ファンクション『カタストロフィ・ドライブ』が次々に決まる!
ドットブラスライザー・ジーエクストも、レールガン&ミサイルの強烈攻撃で攻める!

ワールドセイバー軍の数も減ってきたところで、カイトVS.キョウジの間に世界連合が入る。キョウジの相手はムラクが、カイトの相手はアラタが担当する!
アラタはカイトに、ブンタはもういないと告げる。それを聞いても何の言葉も発しないカイトに、アラタは「正体の仲間だった人間が死んだんだぞ!」と怒る。
しかしそれに対するカイトの反応は正に冷たい。「戦争だ、兵士は死ぬさ」と。
そんなカイトに、アラタは「自分らだけ安全なところにいて偉そうに言うな!」とごもっともな言い返しをする。それでも、あくまで自分たちが正しいと言い張るカイト。
アラタ VS カイト
「キミみたいなやつが一番許せない!」と叫びながら突っ込んでくるカイト!
ゴメン、イマイチわからない!w

一方、キョウジとムラクの対決は。
キョウジのオーバーロードによる猛攻に、ムラクは太刀打ちできない!胴体にダメージを受け、マグナオルタスは動けない状況に。
キョウジは「ハッ!情けねえ!」と笑う。ピンチに陥るムラク!

そして、アラタVS.カイトの方は決着がついた!
決着ゥ~!
ジーエクストが相手のライディングアーマーのチャージランスを折り、必殺ファンクション『真刀・カムイ』を決めました。アラタの勝ちです。
「くそっ!」と言ってポッド内のモニターを叩くカイト。この後セレディによって不用品扱いされそう…。

と、そんなカイトに勝利したばかりのアラタを襲ったのは、キョウジのグルゼオンでした。
「これ以上戦って何になる!」というアラタですが、キョウジの目的は全部ぶっ壊すこと。アラタは例外ではなかった!
…あれ、ムラクはどうなったの?ロストさせてないのかな?

綾部を撃ち殺したセレディが向かっていたのは、ロストエリアでした。セカンドワールドの侵入者が増えてるよ
上空からアラタとキョウジの対決を見るセレディ。

ジーエクストの機動性に劣ることなく、順調に戦うグルゼオン。ジーエクストはダメージを受けてひるんでしまいます。
ジーエクストを狙うグルゼオン
キョウジ「とどめだ!」
ジーエクストにピンチが訪れる!危ない!

しかし、グルゼオンの刃はジーエクストには届かなかった。
盾となったゲンドウ!
ゲンドウのオーヴェインが、自ら盾に!
オーヴェインは爆発。ゲンドウは「あとは頼むぞ、アラタ」と呟き、毒ガスに飲まれる。
あぁあ…ついにゲンドウさんが…!自ら盾になったところを見ると、殺された綾部の元へ行きたかった気持ちがあったのかもしれません…。でも自分は世界の運命を頼まれてるわけだし、これはアラタをかばっただけと考えるのが普通かな…。

キョウジはロストエリアへ入っていくセレディを発見。「やっと来たか!」と嬉しそうなキョウジw
しかし、ゲンドウを失ったアラタは激怒。感情のままにオーバーロードを発動してしまう!
彼を心配するジンとムラク。…結局ムラク見逃されてたんだねw

ロストエリアへ向かうグルゼオンに、横から攻撃を加えて妨害するジーエクスト。「邪魔をするなァ!」と怒るキョウジと、激しい戦いを展開する!

その頃、美都先生はロストエリアを進んでいました。
奥へ奥へと進み、ついにグランドマスターのある最深部に到着する。
父親がいた!
「お父さん!すぐに助けるから!」と呼びかける美都先生。
しかし、追ってきたセレディもその場に現れる。その側には彼のLBXディ・エゼルディも。
追ってきたセレディ
「やめてもらいたいな。セカンドワールドを動かすには博士が必要なんだ」
世界を一つにすることは誰にも邪魔させないというセレディ。

一方、アラタとキョウジは激しくぶつかりあいながらロストエリアへ進入。奥へ進もうとするキョウジに、アラタが何度も攻撃をしかける。
「しつけえんだよ!」と、両腕からレーザーを発射するグルゼオン。アラタはそれを間一髪かわし、ミサイルを飛ばしながら突撃。グルゼオンはミサイルをレーザーで迎撃しながら戦う!

と、近づいてくる二機のオーバーロードを感じたセレディ。「瀬名アラタか!」と嬉しそうに言うと、ディ・エゼルディをそちらに向かわせる。
そして銃を取り出し、美都先生に無理やり言うことを聞かせようとする。これでは博士を助け出すことはできない!

キョウジとアラタの戦いは、なかなか決着がつかない。
お互いにいい勝負をする中、そこへディ・エゼルディが現れる。
ディ・エゼルディが現れる
キョウジの顔芸
「待ってたぜ、セレディ!」と勢いよく突っ込むキョウジのグルゼオン。ディ・エゼルディはソードビット三基を飛ばすも、グルゼオンは全て弾いてレーザーを発射。しかし、残ったビット三基がリフレクトビットを展開、攻撃は本体に届かない!

セレディはフフフと笑うと、腕を広げて叫ぶ。
「たっぷりと味わうがいい…我がオーバーロードを!」

するとソードビットが恐ろしい速さで移動、グルゼオンをあらゆる方向から斬りつけてブースターを破壊する。キョウジのオーバーロードは解け、墜落したグルゼオンに容赦なく襲い掛かるソードビット。
グルゼオンの至るパーツがボロボロ破損する中、キョウジは呟くのであった。
「セレディ…てめえだけは地獄に道連れだ」
そして残った右腕から、渾身の一撃を放つ!

最後の一撃
キョウジ「へっ…喰らいやがれー!」
スカッ
(ディ・エゼルディの背後が)大爆発
キョウジ「チキショー!」

ディ・エゼルディには当たりませんでしたww 無念…!
最後の一撃を放って限界に達したグルゼオンの右腕と、エゼルディの背後にあったパイプが勢いよく爆発。グルゼオンは倒れて爆散し、キョウジはポッドの中で叫ぶのであった。
「セェレディィィィィィィィィーーーー!!!」
残念、キョウジくんの復讐劇はここで終わってしまった!

残ったアラタは浮遊するディ・エゼルディと対峙。いよいよ本当の対決が始まるのだろうか…!

グルゼオンの最後の一撃はディ・エゼルディに当たらなかったものの、グランドマスターのある最深部には影響がでていました。
巨大ケーブルが破損し、セレディの真上に倒れてきたのです。呆気なくその下敷きとなり、水中に落ちるセレディ。
沈むセレディ…
沈みゆくセレディの体。
キョウジ君…キミの一撃はムダじゃなかったよ…w
彼は今頃、死後の世界で大喜びしていることでしょう。

セレディがいなくなったので、博士の救出を実行する美都先生。
父親をグランドマスターから切り離すことに成功するも、そこで不吉なアナウンスが流れる。
「セカンドワールド維持システムに深刻なエラーが発生…」
美都博士はセカンドワールドの要。それが切り離されたということは、エラーが発生するのも当然です。

地上では、ワールドセイバー軍の反応がすべて消失。喜ぶサクヤでしたが、セカンドワールドの空にヒビが入っているのを発見します。
『セカンドワールドの管理レベルがレッドゾーンに到達しました。崩壊の可能性が高いため、速やかに避難してください』
要を失ったセカンドワールドが崩壊している…!

この緊急事態のためか、全生徒のコントロールポッド及びメカニックルームの扉がオープン。
ジンはキャサリンの脈を計ると、驚きの事実が発覚する。
生徒たちは生きていた!
「これは…生きている!?」
そう、生徒たちは死んでなどいなかった。なんと、眠らされているだけだったのです!そこに駆け付けた猿田とジョセフィーヌも、その事実を知って驚きます。
目を覚ましたゲンドウは、「綾部か…」と呟く。自らの行動に疑問を感じていた綾部は、毒ガスではなく催眠ガスを用意していたのです。
いやぁ、生きててよかったよ、本当に。綾部さんナイスプレイでした!

ジンは、この事実を世界連合軍の全機に知らせる。
「死亡と思われていた生徒は全員生存している!みんな生きているぞ!」
この言葉にほっと安堵の表情を見せるみんな。しかし、残るは美都先生と美都博士の救出。ジオラマ内が崩壊を始める中、ハルキたちが救出に向かう。
ジンは全機離脱の指示を出すことに。
アラタにもその通信内容は聞こえていたものの、目の前に立ちふさがっているのはセレディのLBX。操作主を失ったためか、まったく動かずに浮遊しているだけです。

その頃、グランドマスターの側では。
再会
救出された美都博士が目を覚ましました。「玲奈…」と呟く父親に、思わず「お父さん!」と抱きつく美都先生。
しかし、感動の再開もつかの間。水中からセレディが出てきたのです。

水中から現れたセレディ
それにしても、巨大ケーブルの下敷きになったのに無傷なのが恐ろしい。
キョウジくん…きみの一撃はやっぱり無駄だったみたいだよ…w
セカンドワールドの崩壊が進む中、いよいよ物語は最終話へ!次回に続きます。

個人的に、キョウジがやられる際のセリフが「うわぁぁああー!」とかではなく、「セレディーーー!!」だったのが彼らしくて良かったと思いますね。
ただ一つの目的を果たすために乱入し、一人で突き進んだキョウジは好きなキャラクターです。ディ・エゼルディに襲い掛かる際も、アラタに頼ったりせず一人で!w
そして毒ガスは、綾部が催眠ガスとすり替えていたという事実が発覚。…思いっきり毒々しい色だったけどw
次回はいよいよアラタとセレディのラストバトル。勝つのはどっち!?

猿田教官の補習授業は「セレディ・クライスラー」でした。セレディ、その正体は凶悪なテロリストであった。あらゆる戦場を渡り歩いた末、戦いの空しさから世界を一つにするという思想に憑りつかれたのだ。セレディ、やつに世界を渡してはならん!みんな、わかったか~!by猿田

・次回予告
次回予告「俺たちの未来へ」
ダンボール戦機ウォーズ、遂に最終回!!
セレディの手から世界を守れ!

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎ダンボール戦機WARS第36話「最終決戦」

セレ:重要なのは世界中の人々が戦争を知ることだア>私たちは体験してきました支配者がいる限り戦争はなくならない、分断して争わせるんだ、だからここの実態をしらしめる、きみた...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

フナミ

Author:フナミ
絵を描く合気道有段者。
現在漫画家目指して勉強中~!

連絡アドレスはこちら↓
feylex2◎gmail.com
◎をアットマークに変えて送信してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
Pixiv フナミの最新投稿30
Twitter
ニコニコミュニティ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。