スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンボール戦機W 第43話「光る目の少年」感想

ダンボール戦機W 第43話「光る目の少年」
今回は謎の少年が目覚め、街中のLBXがまた暴走する話でした。
この記事書きかけ状態で一度消えたので、いつもより手抜き気味ですw

まず、冒頭のクラウディア大統領の話がおもしろかったですね。
「かつて神によってつくられ、楽園の住人になったアダムとイブ。二人は禁断の果実を食べたことで知恵を身につけ、楽園を追放されました。楽園を失った人類は数多くの苦難を体験しつつ、長い年月をかけこの世界をつくりあげてきたのです」
みなさんお分かりだと思いますが、この話に出てくる「楽園」は宇宙軍事基地パラダイスのことを指しています。パラダイスは楽園という意味ですからね。
言うまでもなく、アダムとイブは人類最高のコンピューターの名前。つまり、マミー事件を人類の誕生とかけているのです。
クラウディア大統領は、今回の事件は改めて私たち人類に力を持つことの意味とその責任を考えさせる機会になった、と言います。
偏った思想のもと、強大な力で世界を変えようとするような歪んだ正義は決して許されるものではない。私たちが科学の発展と共に手に入れた力は、人類に平和をもたらすためにあるのですから。

そして、すべての元凶であった宇宙軍事基地パラダイスについて、A国政府はその破棄を決定。パラダイスは通信衛星の役割も兼ねていますが、それについては大統領の命令で新しい通信衛星が打ち上げらたから問題ないとのこと。
NICSのカイオス長官はパラダイスのスラスター点火を指示。パラダイスは回転しながら衛星軌道を離れ、大気圏に突入した直後に爆破されました。
欠片が地上に降り注ぐなんてことにならなければいいんですけどね。大気圏で燃えてなくなれば問題なしw

その頃、多数のモニターがある謎の部屋では。
モニターに「COMPLETE」と表示され、扉が開いて一人の少年が目覚めます。少年の名はミゼル。
彼はオメガダインの屋根の上を歩いて街を見渡します。
謎の少年・ミゼル
それにしてもこの少年、モノクロ感バリバリですねw
彼の見つめる先には流星となって降り注ぐパラダイスの欠片がw 心配していたことが起きてるよ!

一方、世界を救った英雄のバンたちは大忙し。
バン・ヒロ・ランは3番街のショッピングモールにてLBX大会にゲストで参戦。カズ・アミ・アスカは15番街の特設会場でLBXの特別講師。ジン・ユウヤ・ジェシカはテレビ曲で報道特番にゲスト出演。
彼らの仕事の様子は描かれてましたが、書きかけの記事が一度消えて面倒くさいので省きますw

街を歩くミゼルは、「Nシティでバンたちとバトルができる」という話を耳にします。
すると彼は一般人から携帯電話を何気なく取り、「もしもし?」と呟く。
すると、街中のモニター・信号機などがおかしくなる現象が。ミゼル…一体何者なんだw

バンたちは仕事を終え、お疲れの様子。
帰りの車内
帰りの車内の様子。バンとヒロ以外寝てるw

その頃、ミゼルは電車に乗ってNシティに到着。
そこで彼は「山野バンと戦って未だ興奮状態」の三人の少年を目撃。その後ミゼルは「LBX…」と呟き、空を見上げて目を赤く光らせます。それに通信衛星はランプを点滅させて反応。パラダイスの代わりに打ち上げられた新衛星、さっそく悪用されようとしてません?w
ミゼルはそれだけでNシティの全LBX個体数を確認。端末としての有効性が92.6%であることを知ります。更に、端末の高効率運用のために基幹端末の製造が必要だと言います。

彼のその言葉に反応するかのように起動する、謎の部屋に置かれた装置。
装置で作られたのは、怪しい黒いLBX。
謎の黒きLBX
不気味な雰囲気を放つLBX・ベクター
コイツが事件を起こすんですかねぇ…。

一方、バンたちは日本へ帰る時が訪れます。ジケンガオコルカラカエレナクナルヨーとか言っちゃダメw
ジェシカは空港まで皆を送るようで。いがみ合うコブラとマングースもお別れですねw
オタクロスは残りの仕事を片付けたら日本へ帰るんだとか。「だから待っててほしいデヨ」とアミとランに告げるも、ランから「別に帰ってこなくていいけど?」と言われてしまいます。容赦ないランw
山野博士とカイオス長官もお別れの握手。…あれ?山野博士のディテクター事件の罪はどうなったんですか、長官?

帰りの車の中で、日本に帰ったら何をしたいか話すバンたち。
ヒロはまずセンシマンを見るそうですw あと、母親との暮らしも楽しみにしているようで。
しかし、車は渋滞によって停車。コブラ曰く、事故のようらしいです。と、その時前方からやってきたのは、なんと大量のLBX!そう、LBXが再び暴走を始めたのです。そして、その様子を建物の上から見ているのは黒いLBX、ベクター。
Mチップはすでに全てのLBXから取り外してあるので、ブレインジャックじゃないのでは…!?

再び起きたLBXの暴走に驚くNICS。暴走だけでなく、Nシティの都市管理システムにも重大なエラーが発生している模様。
そこで大統領は、Nシティ全域に緊急非常事態宣言を発令。市民の安全確保を最優先にしつつ、暴走LBXを鎮圧するよう指示します。
ファイアースウィーツ隊にも出動命令が出されました。まさかこの部隊の名前が再び出てくるとはw

暴走の規模は拡大し、重機までもが暴れだすように。バンたちはブレインジャックが起きていると思っているようですが、もうLBXにMチップはないはずだし重機まで動いているので違うのでは?
NICSのカイオス長官も事件については調査中で、まだ何もわかっていない様子。この緊急事態に、山野博士と大空博士は何が起きているのかを突き止めるためNICSへ戻ります。

そして、バンたちが「暴走LBXを止めるぞ!」と意気込んだ直後、攻撃をやめる暴走LBX。
NICSのオタクロスは、街のカメラに黒いLBXが映っているのを発見。
LBX ベクター
大量のLBXが暴走しているというのに、この機体だけは同調していない模様。
カイオス長官はオタクロスに、大至急この機体のデータを抽出し、監視カメラの録画データと照合するよう指示。
すごい技術力ですねぇw
そこに到着した山野博士と大空博士も、黒いLBXの画像を見ます。この機体が確認がされた位置とLBX暴走事故の発生位置を同じ地図にマッピングしてみると、完全に一致していました。一連のLBXの暴走にこの機体が関係していることは間違いないでしょう。

一方、街では暴走していたLBXがそこを封鎖するかのように停止していました。
その様子を見ていたバンたちのもとに、カイオス長官から黒いLBXの画像が届きます。そして、この機体の確保に全力をあげるよう指示されます。
黒いLBXが最後に確認されたのは57番街。バン・ヒロ・ランはそれぞれLBXを出し、任務を開始。暴走LBXが停止している57番街はNシティ警察によって封鎖されます。避難が呼び掛けられる中、一人57番街を歩くミゼル。彼は地下鉄のホームへとはいっていきます。

その様子を見届けたLBX・ベクターですが、その直後イカロス・ゼロたちによって発見されます。
イカロス・フォースは銃を撃って爆撃するも、ベクターは無傷。その後ベクターは六角形のベースを足元に生み出し、それに乗って飛行。地下鉄に逃げていきます。それを追うイカロス・ゼロ、イカロス・フォース、ミネルバ改、それらを操るバン・ヒロ・ラン。

地下鉄にホームに入った後、ミネルバ改が空飛ぶベクターを撃って落とします。倒れて動かないベクターに近づくミネルバ改。
と、突然ベクターが動き出し、ミネルバ改の顔面を掴みます。その後離されたミネルバ改ですが、なんと勝手にイカロスたちへの攻撃を開始。CCMの操作を受け付けず、暴走するミネルバ改。焦るラン!w

その時、どこからか飛んできた剣がミネルバ改を直撃。ミネルバ改は動かなくなります。
バンたちが振り返ると、そこには赤いフェンリルと風摩キリトの姿が。
風摩キリト&フェンリルフレア
このLBX・フェンリルフレアには、風摩キリトのカスタマイズが施されているんだとか。
キリトはバンたちに、「ソイツに触れられたらLBXは言うことを聞かなくなるよ」と注意。なんで知ってるの?w
どうやってLBXの操作を無効化させているのか尋ねるバンですか、キリトはとっ捕まえればわかると返します。

そして、そこで「予想通りだね」と聞いた覚えのない声が。見上げると、ホームの壁の上に謎の少年がいました。
黒いLBX・ベクターはその少年の手の上に移動。バンたちは敵だと認識して構えます。
「はじめまして」と挨拶する謎の少年・ミゼル。彼は一体何者なのか?今回はここまで。

オタ知識は「檜山真実」でした。やっぱりイケメンですねぇ…うんw

・次回予告
次回予告「空飛ぶ悪魔」
なんと、エクリプスが行方不明に!?
そして地上に舞い降りる謎のロボット…!
事件の規模も大きくなりそうですねw

次回も楽しみです。
スポンサーサイト
プロフィール

フナミ

Author:フナミ
絵を描く合気道有段者。
現在漫画家目指して勉強中~!

連絡アドレスはこちら↓
feylex2◎gmail.com
◎をアットマークに変えて送信してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
Pixiv フナミの最新投稿30
Twitter
ニコニコミュニティ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。